2014年08月13日

犬にトイレをしつけるコツ

犬にトイレをしつけるコツをご紹介していきます。


トイレの場所を教える

犬のしつけでは一番はじめにトイレの場所を教えてあげて下さい。

犬のしつけでトイレを教えていこうとする場合に、
一番大切なことは、
トイレの場所はどこかを教えることです。

はじめはトイレの所でうまく用をすることは出来ないかもしれません。

最初のうちは、飼い主自身、犬がトイレをしようとする場合、
トイレの場所を繰り返し教える必要性があります。

犬がトイレをしたくなった時の特徴的な行動は、
落ち着き無く歩き回ったり、
床のニオイを嗅いだりの行動です。

犬がこのような落ち着きない行動をしていることに
気付いた場合には、
決めておいたトイレの所を
教えてあげて欲しいと思います。

続きはコチラ ⇒ 遠藤和博の犬のしつけ講座


どんどんほめましょう

犬のトイレのしつけで、
一番大切な事はほめる事です。

きちんとトイレができた場合には、
どんどんほめてあげましょう。

犬は、飼い主からほめられることが、非常に大切です。

犬にとっては、ほめられる事はとてもうれしい事です。

トイレのやり方やトイレの場所を覚えがとてもはやくなります。

その結果、犬のトイレのしつけもとても上手にいきます。

最初の希望よりも時間がかかる事もあるかもしれませんが、
焦らずに犬のトイレのしつけは継続して下さい。


続きはコチラ ⇒ 遠藤和博の犬のしつけ講座
posted by 犬のトイレのしつけ法案内人 at 13:39| 犬のトイレの躾の秘訣

2014年08月11日

犬のしつけではトイレが上手にできた時はほめる事が大切

犬のしつけでは、トイレが上手にできた時は
褒める事がとても大事です。

しっかりほめてあげて下さい。

犬は、飼い主の方にほめられるのは、
非常にうれしいです。

次もほめられたいと本能的に感じています。

しかるばかりではなく、
タイミング良くほめながら
少しずつトイレのやり方を
マスターしてもらうようにして下さい。


続きはコチラ ⇒ 遠藤和博の犬のしつけ講座


posted by 犬のトイレのしつけ法案内人 at 20:32| 犬のトイレの躾の秘訣

2013年04月11日

トイレ以外の所で用をしてしまった場合

犬のトイレのしつけの中でも一番難しい所をご紹介します。

それはトイレ以外の所で用をしてしまった場合です。

またトイレ以外の所で用をしてからの経過時間によって
対応はちがますのでお気を付け下さい。

対応の仕方には気をつけてあげて下さい。


続きはコチラ ⇒ 遠藤和博の犬のしつけ講座


トイレをしてしまったら、
すぐにそこで叱ってあげて下さい。


注意点としては、
短く、そしてハッキリと叱ってあげて下さい。

強過ぎる叱り方は逆効果の場合もあります。

犬はトイレをしただけで、
叱られると思い込んでしまう事も考えられます。


極端な場合、
叱られるの恐れて
トイレを隠れてするようになる
可能性さえあり得ます。


更に悪い事には、
トイレとして決めた場所で用を
足さなくなる可能性すらあります。

続きはコチラ ⇒ 遠藤和博の犬のしつけ講座

posted by 犬のトイレのしつけ法案内人 at 22:58| 犬のトイレの躾の秘訣